« ねむっ | トップページ | 紫苑S »

2007年9月 7日 (金)

台風 ~ 序章

台風はアッシの住む神奈川・茅ヶ崎の西、小田原という町に上陸し、凄まじい勢いで通過していきました。
あっしはデリなので、煩くて眠れなかったデス!

18 これは、
台風の序章、水曜日のお話です。

前にも紹介しました(→ http://kanoyuka.cocolog-nifty.com/dairyman/2007/09/post_89c8.html)けど、待ちに待った?、日帰り旅行へ!

5時ちょうどに辻堂駅を出発。
ほどなく大船付近を通過。
窓に水滴が付いてるなと思ったら、凄い雨が降っている!!

家を出たときゃ、星空だったのに…
やはり台風の影響なのでしょうか?
しかし川崎を通過して多摩川を渡ったら、何事もなかったような状態でした。

荷物になるけど、長傘の出番がありそう(ホントはえらく邪魔)。

5:48に新橋着。51分の京浜東北線で上野へ。

上野で6:09の宇都宮線に乗り換え。070905_060801
ここでSuicaグリーン券売機のお世話になることに…

普通車も十分余裕があるけれど、この先時間が時間なだけに通勤通学でごった返すからね。

一時間ちょっとだけど眠いし、せっかくの旅なんで、お茶でも飲みながら、ゆっくり外を眺めたいものです。

しかし、
デブが傘もって、水筒ぶら下げてると、こりゃまるで《裸の大将》だね、まったく。

大宮で高崎線と分かれ、蓮田を過ぎたあたりで完全に晴れて来ました。

やっぱり傘が邪魔になりそう。070905_070901

上野を出てちょうど一時間、東北本線唯一の茨城県所属の駅、「古河」に到着。まもなく次の乗換です。

小山で両毛線に乗り換え。
24分に到着し、25分の発車だけど、車内放送は7:56を案内してる。1分じゃ無理だからでしょう。

小山に着くと、その意味が分かりましたョ。

なぜなら、

「両毛線乗り場がない」

070905_073101 同じJRなのに、両毛線が発着する6番・8番線は、階段を登って別なところにあるとの案内。

地元の衆や、『鉄』たちには、あまりにも常識なのかもしれませんが、お馬中毒者に成り下がったあっしに取っちゃ、まるで外国に来たような雰囲気。070905_073601
小山駅に降り立つのは、初めてだからネ。

昔こどもの頃、「小山ゆうえんち」のTVコマーシャルを見るだけ。
東北本線は何度か通った事があるけれど、お馬の会場(福島競馬)に行くにしても、新幹線だからネ。通り過ぎるだけでございます。

案内板に従い、両毛線6・8番ホームへ行くと、また次の疑問が!070905_073201

    

      【7番線がないゾ】

「そんな事はどうでもいいだろ、お馬の予想でもしてろ」

こういう声が返ってきそうですけど、時間もたっぷりあるので探して見る事に!

階段を降りてみると、島式の6・8番線ホームがPhotoあって、途中で6番線は終わって、細くなった8番線ホームが有りました。

その対面が恐らく、過去7番線があったと思われます。

下手くそな絵で描くとこういう感じでしょうか…

これじゃ、幼稚園生の絵と、なーんら変わらんって。。。。070905_073602

7番線があったと思わしき場所は、線路は剥がされ、寂しく砂利だけが残されていました。

ホームの上は、東北新幹線が通っているらしく、停車列車の少ないこの駅は、時折ゴーっという音が、通勤通学列車を待つ我々の頭上で何度もしておりました。

疑問も解け、
目的地に向かうべく、通学客と一緒に両毛線の列車を待ちました。

|

« ねむっ | トップページ | 紫苑S »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97808/16374535

この記事へのトラックバック一覧です: 台風 ~ 序章:

« ねむっ | トップページ | 紫苑S »